2014年9月17日水曜日

危険ドラッグへの規制

危険ドラッグへ包囲網

煙草の煙の画像

危険ドラッグが原因の交通事故


昨日は、危険ドラッグが原因の交通事故が重なりました。

危険ドラッグ原因とみられる事故相次ぐ NHKニュース

八王子、四谷、渋谷で事故が相次いだようです。
TV のニュースでは、事故直後の映像として、運転席でぐったりしている加害者の映像が流されています。

他の薬物とちがって、この危険ドラッグは、交通事故を起こしての摘発がと特徴的と思います。
それだけ、危険ドラッグが手軽に入手できて身近にあるということでしょうか・・・
また、常習性も高いと聞きます。
四谷の事故は午前7時ころであったそうで、「通勤途中でちょってドラッグ吸って・・・」のような感覚で吸って、交通事故では、歩行者や周りの運転者はたまったものではありません。

危険ドラッグへ規制の包囲網


そこで、規制の方もスピード感を持って進められているようです。

厚生労働省は、指定薬物の範囲を広げています。

指定薬物を新たに14物質指定します |報道発表資料|厚生労働省

地方自治体も条例での規制を進めています。

危険ドラッグ「全面規制」 全国初、鳥取県条例改正へ - MSN産経ニュース
危険ドラッグ対策 東京都が条例改正へ NHKニュース
危険ドラッグ、条例制定で規制の動き広がる 知事監視と罰則で迅速対処+ - MSN産経ニュース

安全に道を歩くことが出来ない社会ではいけませんから、危険ドラッグは厳しく規制するべきものでしょうね。


「行政書士 わたなべ法務事務所」へのお問い合わせ、ご連絡は、下記の各業務のサイトへアクセスください。