2014年10月19日日曜日

自転車の保険を義務化 

自転車保険、加入義務付け条例

自転車の画像

兵庫県 全国初の条例案


自転車と歩行者の衝突事故の増加へ対応すべく、兵庫県は、「自転車保険に加入することを義務とする」条例の制定へ、動き出したと伝えられました。

兵庫県:自転車保険、加入義務付けへ 全国初の条例案 - 毎日新聞

東京都、京都府などで、保険加入を「努力義務」とする条例があるものの、加入を「義務」とする条例は、全国初の条例です。

自転車では、強制保険の制度がありません。
しかし、歩行者との事故においては、被害が大きい場合、高額の損害賠償が命じられる判決が命じられる例も多くなっています。
◯千万円という単位での賠償金額が命じられた場合、加害者が賠償できるとは限らず、被害者の救済も十分とは言えなくなってしまいます。
そこまでの金額でなくても、自転車で加害者となった方も、車両を運転しているとの意識がなく、過失割合と言った面では、争いになるケースが多いと考えられます。

現代社会で、このようなリスク対応に「保険」、というのは、妥当な、考え方であると思います。

自転車店などと連携をとって、加入を推進するのでしょうが、大手量販店などで、1万円ほどで入手できる自転車へ、「義務」とはいえ罰則のない条例で、保険加入が徹底は出来ないように思います。

そして、「義務」とされた、保険加入がされていない自転車での事故において、その条例違反の部分は、過失割合などで影響してきたりするのでしょうか・・・

社会全体の問題として、自転車をどう受け入れていくのか、走行のルールやマナーをどうしていくのか、を考えていかなくてはならないのではないでしょうか・・・


「行政書士 わたなべ法務事務所」へのお問い合わせ、ご連絡は、下記の各業務のサイトへアクセスください。