2014年10月29日水曜日

Tポイント情報はオプトアウトへ

個人情報保護のためオプトアウトへ

Tカードの画像

Tポイントの個人情報保護


ポイント、皆さん意識して集めたりしていますか・・・
いろいろなサービスや販売店などで、知らないうちにたまってたりしますよね。
テレビなんかでも、「ポイントを貯めて得しましょう!」みたいな特集をやってたりします。

そんな中で、以前から Tポイント って凄いなぁ・・・って思ってました。
はじめは、レンタルビデオの会員登録で入会して、ポイントが貯まって、レンタル料金を割り引いてもらう位だったのですが、いつの間にか、スーパーでも「Tポイント・カードお持ちですか・・・?」なんんて聞かれるようになって、携帯電話でのポイントも Tポイントになりました。
Tポイントの躍進ぶりに、ポイントが一括して貯まって使える利便さに喜びつつ、「個人情報も、こういった企業に流れてるのかなぁ・・・」とちょっと(不安とまではいかないけれど)感じたりしていました。

私は、気づいていなかったのですが、8月にすでに Tポイントの会員規約の改訂がアナウンスされていましたが、個人情報の提供方法を「共同利用」から「第三者提供」へ変更するとのことです。

Tポイント、個人情報を「第三者提供」されたくない人のオプトアウト受付開始 -INTERNET Watch

T会員規約改訂のお知らせ(2014年11月1日)|CCC カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

それにともなって、ユーザーは、個人情報の提供の停止、いわゆる「オプトアウト」の手続きができるようになりました。
オプトアウトの手続きをすると、一部の特典が得られないとのことですが、個人情報保護の観点からは、良いことと思います。

自身の個人情報に関して、懸念をお持ちの方は、「オプトアウト」を検討されるではいかがでしょうか・・・

個人情報保護法の成立以来、個人の方の個人情報への意識は高まっていると思いますが、個人情報は保護されて当たり前といった感覚だけがひとり歩きしているように、個人的には感じています(経験上です)。
個人の側でも、企業任せで責任を問うばかりでなく、自己の情報に関して、「どう取り扱わせるか・・・」と言った視点から考えるようにしていくべきかと考えます。


「行政書士 わたなべ法務事務所」へのお問い合わせ、ご連絡は、下記の各業務のサイトへアクセスください。