2014年12月10日水曜日

セーフティネット保証制度

セーフティネット保証5号の指定業種を公表

夕焼けとフェンスの画像

平成26 年度第4 四半期の指定業種を公表


経済産業省から、業況の悪化している業種を対象とするセーフティネット保証5 号、平成26 年度第4 四半期(平成27 年1 月1 日~年3 月31 日)の指定業種が公表されています。

セーフティネット保証5号の指定業種を公表します(METI/経済産業省)

セーフティネット保証5号の概要

対象者 :
業況の悪化している業種に属する事業を行う中小企業者であって、経営の 安定に支障が生じていることについて、市区町村長の認定 を受けた中小企 業者。 
保証限度額: 一般保証とは別枠で、無担保保証8千万円、最大で2億8千万円
保証割合 : 借入額の100%
保証料率 : 保証協会所定の料率( 0.7~1.0% )
指定業種は、224業種が、挙げられています。

中小企業の経営者の方々、こういった制度を利用なさって、苦しい経済状況への対応をお考えください。

以下のページにて、詳しく内容が確認できます。

中小企業庁:セーフティネット保証制度(5号:業況の悪化している業種(全国的))


「行政書士 わたなべ法務事務所」へのお問い合わせ、ご連絡は、下記の各業務のサイトへアクセスください