2014年12月31日水曜日

ライセンスビジネスの捉え方

自社のライセンスビジネスを整理

ノートとペンの画像

知的財産の見える化


日本経済の将来像を、「知的財産」に求める見方は、現政権でも語られる機会は多いですが、企業の経営者の方々、きちんと捉えているでしょうか・・・

ライセンスビジネスを理解し、整理することを書いた記事を見つけましたので、紹介させていただきます。

製造業のライセンスビジネスとは?技術支援から特許の使用許諾まで幅広い!

こちらの記事の筆者の方も書いていらっしゃいますが、企業のライセンスビジネスのポイントは、

  • 特許権を取得していない知的資産への気付きと見える化

であると思います。

この知的資産の見える化は、「知的資産経営」という、経営手法でも中心的な考え方として唱えられれている事柄です。

「特許権」がないからといって、ライセンスビジネスと自社が関係ないと考えるのではなく、技術支援や極秘情報、ノウハウといった物へも、ライセンスビジネスの意識を広げて、「知的資産」として捉えていきましょう。

来年は、ライセンスビジネスに力を入れるというのが、日本経済の再生、企業の生き残りのキーポイントとなるかもしれません。


「行政書士 わたなべ法務事務所」へのお問い合わせ、ご連絡は、下記の各業務のサイトへアクセスください