2015年1月3日土曜日

「受話器マーク」の著作権

見慣れた「受話器マーク」 

電話の画像
中国が仕掛ける「著作権」戦争

見慣れた感じの「受話器マーク」。
この「受話器マーク」の著作権を保持している方がいることも驚きですが、中国が、この著作権の一部の譲渡を受けて、アメリカに対して、「著作権」戦争を仕掛けるというコラムがありました。

長い記事なので、内容は実際の記事でご確認ください。

「受話器マーク」で中国が仕掛ける対米「著作権」戦争|Foresight(フォーサイト)|会員制国際情報サイト

なかなかに、複雑な内容です。

しかし、この話が事実であれば、中国政府の真意はどういったところにあるのでしょうか・・・
本気で、アメリカに対して、もしくは apple に対して、中国国内でのビジネス展開を阻害することでのメリットがあるのでしょうか・・・?

私の知識では、理解が不能ですが・・・

コラムにもあるように、矛先が日本へ向けられた場合の対策が曖昧なようです。
著作権など「知的財産権」の保護に関して先進国の中でも最も遅れていると言われる日本。そろそろ真剣に対策を考える必要があるのではないか。


「行政書士 わたなべ法務事務所」へのお問い合わせ、ご連絡は、下記の各業務のサイトへアクセスください