2014年11月23日日曜日

交通事故実務研究会一泊研修

交通事故実務研究会

駐車中の自動車の画像

湯河原似ての一泊研修会


本日(23日)、3連休のど真ん中ですが、昨日より一泊で交通事故実務研究会の研修に来ております。

交通事故実務研究会は、交通事故実務にかかわる行政書士が、毎月、横浜にて研鑽を積んでいる会です。
通常は、主に関東圏の行政書士が集まっていますが、年に2回、湯河原にて一泊研修を行い、その際には、関西からも多くの先生方が集まって、深く研究を進めています。

会の歴史も古く、行政書士の交通事故業務のパイオニア的な存在です。

交通事故実務研究会へようこそ!

整形外科医の講演


今回の一泊研修の目玉は、現役の大学病院の整形外科医の先生を招いての講演でした。

専門家による、詳しいお話を、3時間以上、講演いただけて、大変に参考になる、有意義なものでした。

我々、行政書士も、実務や研修などを通じて交通事故と向き合い、ある意味「専門家」を自負していますが、交通事故の被害者の方が、まず向き合うのがのがケガの治療ですので、医学的な知識も必要となってくると考えられます。

いきなり、医学書では・・・ねぇ・・・

参加された、他の先生方も思いは同じだったようで、講演後の質問の時間では、予定された時間をかなりオーバーしての質疑応答が行われました。

本日も、昼まで、さらに研修です!!



「行政書士 わたなべ法務事務所」へのお問い合わせ、ご連絡は、下記の各業務のサイトへアクセスください。