2015年3月2日月曜日

TPP、コミックマーケットの反応

著作権分野

レスリングの画像

コミックマーケット準備会、意見を公表


TPP における著作権分野、日本において大きく影響が出るのではないかとされています。
それは、「著作権期間の延長」「著作権侵害の非親告罪化」「著作権侵害の法定賠償金制度」です。

とくに、懸念を表明しているのが、コミックマーケットです。
「同人誌」という、日本固有の形態が、マンガ文化やアニメ文化、ゲーム文化を支える、一つと認識されていると思います。

これは、著作者が黙認することで成り立っている部分があります。
「著作権侵害の非親告罪化」で、罪に問われるケースが増えるのではないか、「著作権侵害の法定賠償金制度」で多額な賠償金が負わされることで、コミックマーケットが萎縮してしまうのではないか、と心配されています。

コミックマーケット準備会が、先日、意見表明しましたので、お伝えしておきます。

コミックマーケット公式サイトへようこそ

TPP協定交渉について



「行政書士 わたなべ法務事務所」へのお問い合わせ、ご連絡は、下記の各業務のサイトへアクセスください